Tilt Sensor, 2-stage

牽引による盗難やタイヤ盗難の際の車両の傾きに反応!

製品写真

本体サイズ:35x55x13mm
消費電流: 約1.2mA

アイコン

牽引による盗難、タイヤ盗難時の車両の傾きに反応し、傾きの大きさに応じて2段階に信号を出力。システムセット時の車の傾斜角度を記憶し、そのポイントからさらに傾いた場合に検知します。角度の監視は縦横の2軸で行い、傾斜量により警告信号と警報信号を別々に出力します。車両はもちろんタイヤ、アルミの盗難対策強化におすすめです。

2ステージ・デジタル傾斜センサー
KST-24

本体価格: 12,000円+税
取付工賃等は別途必要
JAN: 4571114023262

DIPスイッチ設定

DIP1

DIP2

警告
角度

警報
角度

警報タイミング

OFF

OFF

0.4

0.6

タイヤの扁平が戻り始めた後

OFF

ON

0.6

0.8

タイヤが浮く直前

ON

OFF

0.8

1.0

タイヤが浮いた後

ON

ON

1.0

1.2


DIP3(モード設定)

ON

スキャンモード:常に車両の状態を見直します。

OFF

プロテクトモード:一度異常を検知すると設定を固定します。

注意事項

  • 本製品を接続する場合はセンサー分岐ユニットSB-03(別売)が必要です。VISION 2460シリーズとの組み合わせでは配線加工(1本)が必要です。SB-03を使用しない場合は配線加工(4本)が必要です。

  • センサーで必ずしもすべての犯罪が防げるわけではありません。

  • マルチプレックスとは感知した強弱を識別し警告・警報を別々のパルス信号で出力する機能です。

  • センサーは使用する場所における様々な環境ノイズによって失報する場合があります。近所迷惑にならないよう必要以上に感度を上げすぎず、使用環境に合わせた適度な感度設定でご利用下さい。